· 

Mighty マイティ

 

 

元Googleの社員が新しいブラウザーを開発したと言う記事を見たので特徴を簡単に説明しておきます。

 

 

何か調べごとをする時は、Googleを開いて窓に単語を入れますよね。すると検索結果が現れて見出しから記事を読んでいきます。

 

 

ただ、この中には広告がびっしり入っていていろいろ検索者に購買を促すような仕組みがあります。この広告料がGoogleの収入となっているのは皆さん知っていますよね。

 

 

これをうっとうしいとみんな考えていますが、YouTubeや地図やGmailを無料で使えるのである意味しょうがないとあきらめています。

 

 

ここに目を付けて、新しいブラウザー「Mighty マイティ」を元Googleの社員たちが開発しました。

 

 

 

 

✅爆速ブラウザー

 

 

このブラウザーの凄いところは、クラウド上の高性能マシンを使い検索処理をするんですが、これを自分のパソコンに映像として配信すると言う仕組みです。

 

 

もっと簡単に言うと、シリコンバレーにある超高性能なマシン、CPUとかメモリとか、よくわかんないんですが、とにかくすごい高くて性能のいいマシンを自宅のパソコンから遠隔操作できる感じです。

 

 

自分のパソコンがボロくて超遅くても、世界最速のマシン同様の速さが体験でき、ソフトのダウンロードもインストールもいらないのです。

 

 

 

 

✅検索データーが守られる。

 

 

もうひとつの特徴は検索データーが公開されないので、検索した物の関連広告が表示されないことです。マイティは検索者のプライバシーを最優先にしています。

 

ただし、このブラウザーアプリは有料での利用となるようです。広告はできる限り排除するので、ここは仕方ないと思います。

 

検索者の都合で広告あり無料か広告なし有料を選べるようになります。

 

 

 

 

 

✅Googleのビジネスモデル

 

 

検索結果画面に広告を載せて収益を上げると言う、鉄壁のビジネスモデルが変化してくるかもしれません。

 

 

特に仕事使いの検索は有料版で広告なしのブラウザーが企業で採用される可能性は高いでしょうね。

 

 

高値入札された広告が上位表示されるより、最新で正確な情報だけを知りたいニーズは特に企業には多いと思います。

 

 

マイクロソフトもOfficeがこれだけ有料で売れているのですから、広告なし爆速ブラウザーで勝負してもいいと思うのですがどうですか?

 

 

本来は、マイクソフトに開発して欲しかったですね。