· 

自給自足

 

 

 

小泉環境相が、住宅への太陽光パネル設置義務化について提言している記事をみたんですが、

 

 

日本のハウスメーカーは以前から、家庭で消費するエネルギー全部を屋根の上に設置した太陽光パネルで発電するゼロ住宅を商品化しています。

 

 

建築コストが上がるので、普及するにはまだまだ時間がかかりそうです。

 

 

自給自足できるのは電気エネルギーだけなのか、少し気になったのでGoogle先生に聞いてみました。

 

 

 

雨水で生活する家

 

 

やはりありました。

 

 

家の地下とかに大きなタンクを設置して雨水を貯めて浄化して生活用水に利用する、そして発生した生活排水をリサイクルして再利用する。

 

 

これでゼロとはいきませんが、かなりの節水を実現できるようです。

 

 

開発が進めば雨水だけで生活できるようになるでしょう。

 

 

だって、宇宙船って水を一回補給したらあとはリサイクしていますよね。

 

 

 

家庭菜園だけで生活

 

 

自宅の庭で出来た作物だけで生活するのは少し難しいようです。

 

 

野菜などの一部を家庭菜園で作ったりは出来そうですが、

 

 

食生活全体を賄える位の量を収穫するのは、今のところ無理ですね。

 

 

あくまでも、趣味的な感覚でされている方が多いようです。

 

 

ただ、今後品種改良や小型植物工場なんかで可能になるかもしれませんが。

 

 

 

 

電気と水は何とかなりそう。

 

 

近い将来、電気と水は何とかなりそうです。

 

 

あとは広く普及させてどれだけコストをさげれるかです。

 

 

食べ物を自給自足するにはまだ時間がかかりそうですが、これからどんどん自動化されて実現していくでしょう。

 

 

自宅のプールでサーモン養殖して食べる時代がくるかもしれませんね。

 

 

 

 

関連記事:<家を浮かせて守る。>