· 

家を浮かせて守る。

一条工務店HPより
一条工務店HPより

 

 

 

これ、すごい思考ですね!

 

 

最近はゲリラ豪雨で下水の排水能力が追いつかず、市街地でもよく冠水したりします。

 

 

河川の近くだと、川の氾濫もあります。

 

 

この床上浸水から我が家を守るための商品が、”一条工務店”さんから発表されています。

 

 

まるで船のように浮いてしまう家なんです。

 

 

YouTubeを見て、びっくりしました。

 

 

なんか日本人って、こう言うの得意ですね。

 

 

さすがです!!

 

 

 

 

 

 

 

チャッチコーピーは、”世界初の耐水害住宅”と言うことなんですが、

 

 

その概要は、

 

✅床下換気口にフロート弁をつけて水の侵入を防ぐ。

 

✅ドア・サッシに車に使う中空パッキンを使い水の侵入を防ぐ。

 

✅排水管に逆流防止弁を付け水の侵入を防ぐ。

 

✅敷地にアンカーを打ち、家を船のように係留する。

 

 

こんな感じです。

 

 

床下の換気口にフロート弁をつけるなんて、NASAもびっくりじゃないですかね。

 

 

 

 

 

 

ほかにもスゴイところはたくさんあるのですが、書ききれないので、

 

 

損保の会社も大喜びでしょうね。

 

 

保険金の支払いが減ると思うのですが、

 

 

家にイカリをつけて係留するのは、誰でも思いつきそうですが、

 

 

実際にはそんなバカなこと(面白いこと)、みんなしませんよね。

 

 

でも実際に緻密に練り上げ商品化した、一条工務店さんには脱帽です。

 

 

 

以上、今度は一条工務店さんの3Dプリンターの家が、早く見て見たいだいやもんど石田敦也でした。

 

 

 

関連記事:<自動運転なんかに負けていられない!>