· 

借主の死亡

 

 

 

籍を入れていない同居人と暮らしている借主が死亡した場合、その後の契約はどうなると思いますか?

 

 

賃貸の契約の場合、借主が死亡しても賃貸借契約は終了しません。

 

 

まず借主の相続人が借主の地位を承継します。

 

 

籍の入っていない同居人は、残念ながら相続人にはなれませんね。

 

 

しかし、この同居人を守る法律があるんです。

 

 

【借地借家法36条1】

居住の用に供する建物の賃借人が相続人なしに死亡した場合において、その当時婚姻又は縁組の届出をしていないが、建物の賃借人と事実上夫婦又は養親子と同様の関係にあった同居者があるときは、その同居者は、建物の賃借人の権利義務を承継する。ただし、相続人なしに死亡したことを知った後一月以内に建物の賃貸人に反対の意思を表示したときは、この限りでない。

 

 

簡単に言うと、相続人が誰もいない場合で事実上の家族関係があれば賃貸借契約を引き継げます。

 

 

ここで難しいのは相続人も同居人もいるケースですが、これは36条1には書いていません。

 

 

判例では相続人に正当事由がないと同居人を立ち退かせることは難しいようです。

 

 

若干同居人の立場は強いようですがとても不安定です。

 

 

なので取り扱いには十分注意して下さい。

 

 

最後に、借主の死亡で債務の元本が確定するので、保証人は相続後に発生する債務は負いません。

 

 

 

 

 

以上、喜多川泰さんの本が面白いって聞いて、さっそく「君と会えたから・・・」を読んだんですが、大正解!その後も「賢者の書」「手紙屋」を連続で読んでしまいました。”もっと早く教えてくれよ!”と思っただいやもんど石田敦也でした。