· 

掘削埋設承諾

 

 

【前面道路の掘り起こし】に関して、質問を受けたので説明します。

 

 

家を建てるときに水道やガス管を引込ます。当然道路を掘り起こさないといけません。

 

 

このとき道路が私道で共有持分の場合はどうしたらいいか?

 

 

 

基本的には共有者全員の承諾が必要になります。

 

 

普通はこれに反対する人はいません。お互いさまだからです。

 

 

ただ前所有者がトラブルを起こしていてスムーズに承諾を得れなかったり、所有者が不明や連絡がつかずかなり時間がかかって建築計画が狂ってしまうこともあります。

 

 

なので、契約時に掘削埋設の承諾を取り付ける特約をいれておくとトラブルなくスムーズにいきます。

 

 

 

 

 

掘削埋設の特約

 

 

物件の引渡を受けるときに、共有者全員の「掘削埋設承諾書」を添付してもらうことを明文化します。

 

 

気をつけるポイントは3つです。

 

 

1、掘削埋設の承諾書を残金決済時に共有者全員分添付してもらう。

 

2、掘削埋設の承諾書が添付できない時は契約を無償解除できるようにしておく。

 

3、掘削埋設の承諾書の取得費がかかる場合はその費用負担を決める。

 

 

これを文章にして特約に入れておけば大丈夫です。

 

 

特にその土地を開発した不動産業者が倒産等しているケースなどは、事前に役所で確認しておいたほうがいいですね。

 

 

 

以上、共有持分私道の掘削埋設承諾についてでした。

 

 

 

 

関連記事:<建築確認申請>

     <道路幅員>