· 

退去時、風呂のカビは?

 

 

以前に退去立会に行って、室内の確認をしていたのですが、

 

 

水回りがとても汚いことがありました。

 

 

共働きの夫婦の方で忙しかったんでしょう、

 

 

風呂もトイレもカビだらけでした。

 

 

明らかに清掃はほとんど、いや全くしていない状況でした。

 

 

タイルの目地に少しカビがあるくらいであれば、特に費用を請求することはないのですが、

 

 

さすがに、このケースはカビ取り費用を入居者負担とさせて頂きました。

 

 

 

 

風呂やトイレのカビは基本、入居者負担。

 

 

 

国交省の原状回復ガイドラインにも、こう書いてあります。

 

 

『風呂、トイレ、洗面台の水垢、カビ等

使用期間中に、その清掃・手入れを怠った結果汚損が生じた場合は、賃借人の善管注意義務違反に該当すると判断されることが多いと考えられる』

 

 

まあ、入居したら風呂・トイレ・洗面所などの水回りは日常清掃を行うのはあたりまえですよ。と言うことです。

 

 

だたし、ここの認識は大家さんと入居者で噛み合わないことが多いです。

 

 

入居者は住んでいてカビが生えるのはしょうがない。カビ取り費用は払いたくない。

 

 

必ず、こうなります。

 

 

この場合は国交省のガイドラインを見せて納得をして頂きます。

 

 

ただ、こちらとしてもすべてのカビに対して清掃費用を請求しているわけではなく、

 

 

誰が見ても、「これ、全然掃除したことありませんよね!」と言うレベルのものだけです。

 

 

実際、汚れがひどいと大家さんはハウスクリーニング屋さんに追加料金を支払わないといけません。

 

 

ここは、理解頂きたいところです。

 

 

日ごろ市販のカビ取り剤をスプレーするだけで防げることなので大して労力はかかりません。是非お願いします。

 

 

後々に揉めないように、国交省のガイドラインの費用負担表を現地に置いておいてもいいでしょう。

 

 

ガイドラインはこちらからダウンロードできます。

 

<原状回復をめぐるトラブルとガイドライン>  21頁からです。

 

 

 

 

 

関連記事:<クロスの借主負担の計算方法。>

     <洗面台のひび割れ。>

     <エアコンの清掃費用はどっち?>