· 

老朽化による立ち退き

 

 

 

建物にも寿命があります。リフォームや大規模修繕を行っていても、いずれ建て替えの時がやってきます。

 

 

1人ずつ退去して空になるのを待っているわけにもいかないので、

 

 

どこかのタイミングで、入居者に立ち退きをお願いするような時期も出てきます。

 

 

この老朽化の建て替えのとき大家さんはどう対処するのか?

 

 

 

 

建物の老朽化は正当事由にあたるか?

 

 

 

 

 

結論から言うと、

 

 

老朽化だけでは、なかなか借地借家法の正当事由にはなりません。

 

 

つまり、”建物が古くなったから建て替えるので、申し訳ないけど出って言ってくれませんか!”

 

 

では、済まないと言うことです。

 

 

ではどうしたらいいか?

 

 

立退料を支払い退去して頂きます。

 

 

立退料については、明確な決まりはないので入居者との調整が必要になってきます。

 

 

基本的な考え方としては、引越し費用・転居先の契約費用などです。

 

 

入居者の人数でおおよその費用が予想できます。建築費と合わせて計画しておくといいでしょう。

 

 

 

以上、『ファルコン9の再利用ロケット着陸』を見てデジャブを感じていて、やっと小さい頃に見たサンダーバードだと気がついた、だいやもんど石田敦也でした。

 

 

 

関連記事:<建て替え時の原状回復>