借地で地主とトラブルになったら

 

 

借地で地主さんといろいろなことで合意できないこともあります。

 

 

相手の承諾がとれないのに、勝手に行動を起こすわけにはいきません。

 

 

契約違反になってしまいます。

 

 

そんな時には、最終手段として借地非訟(しゃくちひしょう)と言う制度もあります。

 

 

なかなか承諾してくれない地主さんの代わりに裁判所の許可を得て実行に移せます。

 

 

これを借地非訟と言います。

 

 

だた、当然地主さんの意向を無視して行動を起こすので、関係が悪化するするのは間違いないです。

 

 

最終手段と言うのはそういう意味です。注意して下さいね。

 

 

 

 

借地非訟事件の種類

 

 

1. 借地条件変更

建物の種類(居宅・店舗・共同住宅)・建物の構造(木造・鉄骨造・鉄筋コンクリート造)・建物の規模(床面積・階数・高さ)・建物の用途(自己使用・賃貸用・事業用)

 

これらを変更したいけど、地主さんが「いいよ!」と言ってくれない。

 

 

2.増改築許可

建物の建替え(改築)・増築・大修繕をしたいけれど、地主さんが「いいよ!」と言ってくれない。

 

 

3.賃借権譲渡又は転貸の許可

借地権者が借地上の建物を譲渡転貸したいが、地主さんが「いいよ!」と言ってくれない。

 

 

4.競売又は公売に伴う土地賃借権譲受許可

競売又は公売で借地上の建物を買い受けたけれど、地主さんが土地の賃借権譲渡に関して、「いいよ!」と言ってくれない。

 

 

 

こんなケースの時に地主さんの承諾に代えて裁判所の許可を得ます。

 

 

繰り返しですが、これをすると地主さんとの関係は壊れてしまうので、なるべく話し合いで合意するように努力したほうがいいです。

 

 

※ちなみに、借地上の建物のみを賃貸することは借地の転貸にあたらないので問題ありません。

 

 

 

 

 

以上、寒暖差が激しくて肩こりがひどいので、ドラッグストアでいろいろ買ってきた、だいやもんど石田敦也でした。