· 

簡易裁判所の「支払督促」

 

 

 

今はほとんどの契約に家賃保証をつけるので、大家さんが自ら賃料の督促を行うことは滅多にありません。

 

 

しかし、店舗や事務所の事業用やむかしの契約で家賃保証に入っていないものもあると思います。

 

 

そんな契約に限って滞納があったりします。

 

 

経験から申し上げると焦げ付いた滞納はとても厄介です。

 

 

滞納家賃は回収出来ない上に、更に強制執行にお金がかかります。

 

 

踏んだり蹴ったりなんです。

 

 

ただ放っておくこともできませんね。

 

 

こんなケースには、最小限の費用で行動を起こす「支払督促」と言う制度があります。

 

 

 

 

「支払督促」

 

 

 

支払督促とは、申立人の申立てに基づいて裁判所書記官が家賃等の支払いを求める制度で、判決と同様の法的効力が生じます。

 

 

書類のみの審査で裁判所に行く必要もなく費用も少なくて済みます。更に支払がない時は強制執行の申立ても可能です。

 

 

家賃の滞納などの相手方が反論できない場合にとても便利です。

 

 

実際の回収はまた別問題ですが、滞納者に家賃の督促をする方法としては手間も費用もさほどかからずベストな方法だと思います。

 

 

手続き方法は裁判所のHPに記載されていますので必要な方は検索して下さい。

 

 

 

以上、簡易裁判所の支払督促についてでした。