· 

【サブリースに関する注意喚起】

 

 

昨日、国土交通省からサブリースに関する注意喚起のリーフレットが公開されました。

 

 

これからサブリースを契約しようと検討中の大家さんは、十分内容を理解して契約された方がいいですね。

 

 

国交省の注意喚起の内容を掻い摘んで解説します。(大家さん向け箇所)

 

 

 

1.賃料の減額がありえる。

 

 

借地借家法の規定のより、サブリース契約期間中や更新時に賃料の減額の可能性がある。

 

契約書の表記の賃料がずっと保証されるわけではありません。

 

 

 

2.契約期間中でも解約される可能性がある。

 

 

契約書にサブリース業者から解約できる旨の条項がある場合は、サブリース契約期間中でもサブリース業者から解約ができます。

 

また、大家さんからの更新拒絶には正当事由が必要です。

 

 

 

 

3.修繕費やリフォーム費用は大家さんの負担。

 

毎月受け取る賃料が入居に関わらず一定のため安心ですが、修繕費等の建物維持管理の費用は大家さん負担となります。

 

 

サブリース業者に将来のかかる費用も参考に確認し、資金ショートを回避しましょう。

 

 

以上、だいやもんど石田敦也でした。

 

 

 

詳しくはこちらから。↓