· 

【3282】

 

 

 

証券コード3282=コンフォリア・レジデンシャル投資法人の番号なんです。

 

 

 

先日(10/26)試しに1口買ってみました。295,100円でした。

 

 

不動産屋の視点で購入して見たのですが、果たしてうまくいくか?

 

 

自分でもよくわかりませんが、

 

 

株などの証券取引は、人間の欲望によっても価格が左右されるので難しいとは思いますが、リートなので配当重視で購入してみました。

 

 

 

 

【コンフォリア・レジデンシャル投資法人にした理由】

 

 

 

 

 

✅居住用で尚且つ単身者用の物件がメインで効率よく稼げる。人口は減っているが世帯数は増えているので長期的にも心配ないかなあーと。

 

✅予想分配金で利回りが3.64%を確保できている。税金は20%取られます。

第21期(2021年1月期)5,330 円   第22期(2021年7月期)5,420円

 

✅徒歩5分以内の物件が60%。

 

✅平均築年数が10.9年で震災リスクも低そう。(このリスクだけは覚悟が必要。)

 

✅東急不動産系のリートで一応大丈夫だろう。(結構いい加減。)

 

✅1年チャートで見て、高値圏ではないと勝手に判断。(ほぼ感、そもそもチャートの見方なんて知らない。)

 

 

 こんなところです。一番安全で自分の仕事で理解しやすいから決めました。なかなか個人でこれだけの良い条件の物件を集めて来るのはさすがに無理ですね。

 

 

 

 

 

【インカムゲイン】

 

 

 

実際に不動産管理をしていて、「不動産価格が下落した!!」と言って嘆いている大家さんはあまりいません。

 

 

「空室が増えて家賃収入が減った!どうしよう!」と言う大家さんは多いですが、

 

 

要するに不動産投資は売却益よりも賃料による収益なので、購入時の価格より下がっても、賃料収入にはあまり関係ないと言うことです。

 

 

そりゃ、安く買えればそれだけ投資効率(利回り)はいいですが、納得した賃料収入で購入していれば価格変動はあまり意味はありません。

 

 

なので証券投資の素人でも、リートは比較的安心かなぁーと考えました。

 

 

 

【大家さんや不動産屋には理解しやすい】

 

 

一戸でも貸家を持っている大家さんや不動産管理をしている僕らにとって、リートのポートフォリオを理解するのは難しくありません。

 

 

ここのリートは利回りは高いのは、「築年数が古くて安く購入できたからだな。」とか「地価の安い地方の中規模都市が多いなあ」とか、組み込まれている物件の判断はできます。

 

 

 

物件を購入した方なら、いつもやっていることをするだけです。

 

 

何を基準に銘柄を決めるかは、自分次第です。

 

 

現物不動産投資と比べても、税引き前3%以上の配当はとても魅力があると思います。

 

 

但し運用会社が倒産することは過去にもあったので、ここだけは注意して下さいね。あと増資とかも、

 

 

 

価格の変動はあまり気にせず、利回り3%以上で投資法人が上場廃止にならなければ、僕にとって及第点です。

 

 

 

最後に、

 

30万円の投資で1年間ぼーっとしていても1万円が入ってきます。回らないお寿司に行けます。

 

300万円の投資で1年間寝ていても10万円が入ってきます。海外旅行に行けますね。

 

3000万の投資で1年間遊んでいても100万円が入ってきます。軽自動車の新車が買えます。

 

3億円の投資で失敗して、ホームレスになった人もいます。

 

 

以上、ダイヤモンド石田敦也でした。

 

 

 

 

 

 

関連記事:<パンがなければケーキを食べればいいじゃない!>