· 

【シニアとメザニン】

 

 

「シニアとメザニン」なんかアニメの登場人物のような名前ですが、融資の種類のことです。

 

 

外資系リートの評価書をみていたんですが、メザニンローンを言うワードが出ていました。

 

 

「何それ?」

 

 

またアメリカが生み出した新種の金融派生商品かと思ったら、そんな難しいものではありませんでした。

 

 

僕も、サラリーマン時代に何回か使っていました。

 

 

その時にこのワードを知っていれば、かっこよかったのにと後悔してしまいました。

 

 

 

 

【シニアローン】

 

 

通常の銀行融資のことをシニアローンと言います。老人とは全く関係ありません。

 

 

登記簿で一番抵当の債権者ところですね。旧住宅金融公庫とか都市銀行とかがそうです。

 

 

普通は3000万円のマンションを購入する場合、自己資金を200万円用意してフラット35で3000万円を借ります。

 

 

このフラット35の3000万円の融資がシニアローンと言うことになります。

 

 

 

【メザニンローン】

 

 

一方メザニンローンとは、二番抵当の債権者のことです。

 

 

僕がこの業界に入ったころは、よく公庫で80%借りて残り10%銀行で借りて、

 

 

 

一番抵当が公庫で二番抵当が都市銀行とかノンバンク、と言うパターンがありました。

 

 

この一番抵当の債権者よりリスクの高い融資をするのが、メザニンローンです。

 

 

基本的にはノンバンク系と考えてもらっていいです。

 

 

当然一番抵当の債権者が、「もうこれ以上は融資できない!」と言う状況で更に融資するのですから、

 

 

リスクは高くなります。よって金利も上がってきます。

 

 

これがメザニンローンです。全然複雑な融資ではありませんね。

 

 

でも、名前がカッコいいと思いません?

 

 

 

 

【スターアジア不動産投資法人】

 

 

メザニンローンと言うワードが出ていたのは、スターアジア不動産投資法人です。

 

 

良い悪いではなく、人それぞれが判断すればいいのですが、明らかに投資のスタンスは日本人より積極的なスタイルです。

 

 

なかなか日本人はまねできないと思います。

 

 

ちなみに直近の数字で利回りは、驚きの約6.6%でした。これって凄くないですか?

 

 

アメリカの投資会社って大変ですね。でもこのパワーが世界一位の経済大国の源なんですね。