· 

連帯保証人の死亡

 

 

賃貸の物件を借りる時には、連帯保証人をつけることが多いです。

 

 

一般的には、親族の方にお願いします。

 

 

では、この連帯保証人が死亡すると、実務的にはどうなるのか?

 

 

簡単に説明します。

 

 

連帯保証人の死亡

 

 

 

 

 

パターン1

 

連帯保証人が死亡すると、その地位は相続されます。

なので、相続人が新しい連帯保証人となるケースです。

 

 

でも、すべての相続人が連帯保証人になれるかと言うと、難しいケースもあります。例えば認知症であったり支払う能力がない、また相続放棄することもあります。

 

 

そう言う時は、

 

 

パターン2

 

新たに相続人以外の連帯保証人を探してもらう。

 

 

契約書にも、

 

「連帯保証人として要求される能力又は資力を失った場合は、第19条の規定に基づき乙は直ちにその旨を甲に通知するとともに、甲の承諾する新たな連帯保証人に保証委託するものとする」

 

 

と、書いてあります。

 

 

 

 

まとめ

 

 

もし連帯保証人が死亡したら、まず貸主に通知します。

 

 

そして、貸主が承諾する新たな連帯保証人をたてなければなりません。

 

 

大変な作業ですが、仕方ありません。

 

 

逆に貸主は過度に連帯保証人の資力等にこだわると、なかなか新たな連帯保証人が見つからず支障が出てきます。

 

 

なので、必ず保証会社を利用して下さい。

 

 

貸主だけでなく、借主にもメリットがあります。

 

 

以上、連帯保証人の死亡についてでした。

 

 

 

 

関連記事:<債務者の死亡>