· 

【政府の借金は国民の資産】

日銀

 

 

 

今回のコロナ禍で国民一人当たり10万円が給付されました。

 

 

僕も銀行口座に入金されています。まだ使っていないので、口座にそのままあります。

 

 

 

 

ここだけを考えると、三橋貴明さんの言っていたことはあっています。

 

 

コロナの経済対策で政府が借金(国債発行)をしたら、僕の資産が10万円間違いなく増えました。

 

 

ほんとうに、『政府の借金=国民の資産』でした。

 

 

 

ただ、もし今後この借金の返済を国民の税金で返済するとなると、国民の借金になります。

 

 

でも、今まで政府はこの借金を新たな国債発行で返済していたそうです。

 

 

減らして増やして、減らして増やしての繰り返しです。

 

 

ぐるぐる回しているだけです。

 

 

ちょっと危なくない?

 

 

っと、感じるかもしれませんが、インフレ率を一定水準にキープできれば財政破綻はしない。

 

 

これがMMT(現代貨幣理論)の主張です。

 

 

現に、コロナの緊急経済対策で市場にお金が供給されて、家電とか結構売れているとニュースでやっていました。

 

 

今後インフレで苦しむようなことにならなければ、国債発行による財政赤字は良くはないけど、悪くもなかったと言うことですよね。

 

 

不思議な感じがしませんか?

 

 

国の借金や赤字が悪くないって、

 

 

 

 

この後、どうなるか?

 

 

A:国の財政がどんどん厳しくなって、増税で国民の暮らしが更に苦しくなる。

 

B:上手くインフレをコントロールしながら、必要に応じてまた国債を発行して上手に借金をし続け回していく。

 

 

 

MMTが正しいことが証明されるんでしょうかね?

 

 

とても興味のあるところです。

 

 

MMTは、僕にとってブラックホールのようなもので、

 

 

「そんなもん、本当にあんの?凄くねぇ!」っといった感じです。

 

 

とてもむずかしい話ですが、今後もしっかり勉強していきたいところです。

 

 

 

 

 

以前の記事:<お金の勉強は大切> <いま気になっていること>