· 

人生二度目のスタグフレーション

 

 

 

小学生の時に、『オイルショック』がありました。当時は経済の事なんか全くわかりません。

 

 

記憶にあるのは、母と兄・僕でスーパーに行き小銭を渡され、『お一人様1点限りの砂糖』を手にとって各自レジに並び、我が家で砂糖を3袋ゲットしたことです。

 

 

『オイルショック』と言うより、『砂糖騒動』と言う記憶の方が強いです。

 

 

今は少し賢くなったので、当時の状況を『スタグフレーション』だと言うことが理解できます。

 

 

 

 

 

オイルショック

【スタグフレーション】

 

 

インフレは物の値段が上がることですね。

 

 

デフレは逆で、物の値段が下がることです。

 

 

スタグフレーションは景気が悪くなるなか、物の値段が上がってしまう、とても厳しい経済状況のことを言います。

 

 

普通は、景気が悪くなって物が売れなくなり、値段が下がって行くと言うデフレ現象ですが、ここで物の値段が上がっていくのですから、そりゃ倍大変です。

 

 

これが、僕が小学生の時に起こったオイルショック時の経済の状態です。

 

 

この『スタグフレーション』がまた、今回のコロナでまた起こるかもしれません。

 

 

 

 

 

【物価上昇と賃金下落】

 

 

 

今回のマスクがいい例ですね。

 

 

需要が供給を上回り、マスク不足が起こり値段が上昇しました。

 

 

食料品も各国、輸出制限をかけたりして品薄になり、価格が上がっています。

 

 

コロナで貿易が滞り、いろいろな商品の供給が滞っています。

 

 

また、ロックダウンで消費が急激に減少し、失業者が増え賃金が下落しています。

 

 

景気が悪くなり、賃金が下がっているのに、物の値段が上がってしまう。

 

 

これが、『スタグフレーション』です。

 

 

では、不動産価格はどうなるのか?

 

 

原則は需要と供給で価格は決定します。(投機的な理由もありますが)

 

 

日本の人口はここ数年毎年40万人位減っています。あと空き家が840万戸もありますから、不足するとは考えにくいです。

 

 

普通の住宅用地は、なかなか上昇する要因はなさそうですね。皆さんはどう考えますか?

 

 

以上、『マスク』と『砂糖』が頭の中で繫がった、ダイヤモンド石田敦也でした。