問題です!

 

 

「時速100キロでAからBまで向い、帰りは時速50キロでBからAまで戻って来た。往復の平均速度はいくらか?」

 

 

 

 

 

って、いま読んでいる本『 Think Smart』に出てきました。

 

 

迷いなく、

 

 

「時速100キロ+時速50キロ=時速75キロ」と思ったんですが、

 

 

この本のキャッチコピー「間違った思い込みを避けて、賢く生き抜くための思考法」を思い出して、紙に書いて計算して見ました。

 

 

 

 

 

 

AからBの距離を100kmとすると、

 

行きは時速100キロで1時間、帰りは時速50キロで2時間です。

 

往復200kmを移動するのに3時間かかったので、

 

平均時速は、200km÷3時間=時速66.66666キロですね。

 

あってますよね!

 

 

 

 

【物事を論理的に考える】

 

 

物事を判断する時は、きちんとしたデーターを使って論理的に計算判断しないといけないと言うことが、改めてよくわかりました。

 

 

日常生活では、ほとんどが「時速100キロ+時速50キロ=時速75キロ」で安易に判断して生活してきたようです。

 

 

コロナのニュースでも、そうですね。

 

 

きちんとしたデーターを使って事実を検証しないと、いたずらに恐怖心だけが増幅してしまいます。気をつけましょう。

 

 

 

あと、この本『 Think Smart』で、すげーっと思ったのが、最初に書いてある。

 

 

『賢者が目指すべきは、幸福を手に入れることではなく、不幸をさけることだ。』

 

 

の部分でした。真逆の思考法です。

 

 

こう考えた方が、簡単に行きそうじゃないですか?

 

 

幸福を手に入れるのは難しそうですが、不幸を避けるのはそれよりは簡単そうです。

 

 

なんと、アリストテレスの言葉らしいです。(なんの人だっけ?)

 

 

 

この本、面白いですよ。

 

 

以上、読み終わった本は、その日のうちにメルカリで売ってしまう、ダイヤモンド石田敦也でした。