· 

【4月の市場データー】

 

全国宅地建物取引業協会連合会から不動産市場動向の4月のデーターが発表されましたので、近畿圏の動向を簡単にお知らせします。

 

 

 

 

✅土地の成約件数       前年比△29.5%

 

✅中古マンション成約件数   前年比△41.9%

 

✅中古戸建成約件数      前年比2.1%増

 

✅居住用賃貸成約件数     前年比△16.5%

 

✅家賃動向:2020年第一四半期

      マンション:6期連続で前年を上回り1.2%値上がり

 

      アパート:3期連続で前年を下回り△3.5%

 

 

 

 

【まとめ】

 

 

売買仲介の成約件数が全体的に激減していますが、なぜが中古戸建だけは微増です。今後の動向が気になります。

 

 

価格・賃料の大きな下落は、今のところ見られません。

 

 

賃貸は売買ほど影響が少ないですが、安心は出来ません。売買仲介業者が賃貸仲介に進出してくる可能性は高いからです。

 

 

売買仲介の担当者は、法令・リフォーム・ローン・税務の知識が高いので、賃貸仲介に進出してくると既存の賃貸業者は苦戦が予想されます。

 

 

1,2年売買仲介が厳しいと予想されるので、売買仲介大手も賃貸仲介・リフォームを積極的に行ってくるでしょう。

 

 

以上、ダイヤモンド石田敦也でした。