· 

騒音問題で困っているなら一戸建て

騒音

 

 

テレワーク・学校休校で家族が家にいる時間が長くなり、マンションでは騒音問題が多くなってきたようです。

 

 

幼稚園・小学生くらいの子供には、家でじっとしているのは難しいですね。

 

 

ただ、下階の住民は四六時中、家の中を走り回れたら、たまったもんじゃありません。長期間続けば体調を崩すことにもなりかねません。

 

 

苦情を言ってもなかなか解決しないことが多いです。どうしたらいいか?

 

 

騒音を発生させている側、騒音に悩まされている側、ともに一戸建てがおすすめです。

 

 

 

 

【一戸建てに引越する】

引越

 

 

一戸建てなら、どんなに子供が走り回っても窓さえ閉めておけば、そう苦情を言われることもないですし、また逆に騒音に悩まされることも少ないです。

 

 

多少、声は漏れてきますが、天井から伝わってくる振動がないだけ、かなり精神的に楽です。(経験済みです!)

 

 

深夜に騒ぐような人がいない限り、そこそこ快適に過ごせます。都市部の住宅密集地で家と家の間隔が1mくらいのところでも大丈夫です。

 

 

念のため、物件を見に行ったときに、両隣の家族構成は自転車や洗濯ものでチェックしておくといいでしょう。

 

また、たまに奇人変人が住んでいるところもあるので、売主・貸主・近所の方に確認することも忘れずに。

 

 

 

 

【一戸建てのデメリット】

 

 

騒音問題で悩まされた方には、一戸建てがおすすめなのですが、いい事ばかりではありませんね。

 

 

✅駅徒歩圏内に物件がない。バス便を覚悟する。

✅築年数が古い物件が多く、水回りの設備が旧式。

✅賃料が高い。

 

 

と言ったデメリットがあることも事実です。

 

 

 

 

【まとめ】

郊外

 

 

本当に騒音問題で悩まされていて、体調を崩しそうだと言うかたは、多少通勤時間が増えても、一戸建ての物件に引越しした方がいいでしょう。

 

 

体調を崩して、仕事や生活に支障が出ては大変です。早めに決断して下さい。

 

 

どうしても駅近でないとダメな方は、マンションの最上階を選んで引越す、または、子供が騒ぐようであれば1階に引越すと言う選択肢もあります。

 

 

今後はテレワークが増えきて、騒音問題やテクノストレスも多くなってきます。

 

 

そんな人たちには、みどりが豊かな郊外の一戸建てが再注目されるかもしれませんね。