· 

これからはゲーマーの時代

 

 

日経にアバター技術を使う遠隔ロボの記事が出ていました。こんな時なので人と人の接触を減らすには最適です。

 

 

医療現場でもどんどん新しいアバター遠隔ロボが活躍しそうですね。

 

 

建設業界も人不足で大変困っています。3Kの職種なのでなかなか人手が集まらず外国人労働者に頼っています。

 

 

そんな中、この遠隔ロボは建設業界を大きく変革させ、新しい雇用を生み出すかもしれません。

 

きつい仕事は無理だけど、ジョイスティックなら!!

 

 

 

『重労働は苦手だけど、部屋でジョイスティック操作なら得意!!』こんな若者は多いはずです。

 

 

ゲーマーがあらゆる分野で活躍しそうな予感がしてきました。

 

 

アバターロボであれば、感染症医療・原発等の厳しい環境下でもがんがん働いてくれます。操作する人間は遠くの場所でいいんですから。

 

 

まさか、家でゲームしている、その行為が労働になるとは思ってもみなかったですね。

 

 

この遠隔操作労働は、今後注目していきたいところです。結構人気の職種になると思うのですが、どうですか?

 

 

小さい頃から、『ゲームばっかりしてたらダメ!!』と叱られていた子供たちが大活躍する時代がもうすぐ目の前に来ています。

 

 

『究極の在宅テレワーク』がどんどん出て来ますよ、きっと。

 

 

この動画凄いですね!

 

 

いつか、北海道の道路工事を、東京の自宅から遠隔操作して施工できたら、いや海辺のビーチからできたら、生活そのものが違ってきますね。