· 

【容積率の求め方】

 

 

道路幅員が12m未満の場合、用途地域で定められている容積率と前面道路による容積率のうち厳しい方を限度とします。

 

 

具体的な計算方法を図解にして、3パターンで説明していきます。

 

 

簡単なので、覚えておいて下さい。

 

 

 

 

 

 

【容積率パターン1】

 

 

住居系地域は4/10・住居以外の地域は6/10をかける。

容積率1

 

第2種住居地域の指定容積率を300%とします。

 

 

6m×4/10=2.4 (240%)

 

 

厳しい方が限度となりますので、この敷地の容積率の限度は240%となり、

 

 

100㎡×240%=240㎡、これがこの敷地の延べ面積の限度となります。 

 

 

 

 

 

 

【容積率パターン2】

 

 

 

前面道路が2つ以上ある場合は最大幅員の道路で計算する。

 

近隣商業地域の指定容積率を400%とします。

 

 

最大幅員の道路は8mなので、

 

 

8×6/10=4.8(480%)

 

 

厳しい方が限度となるので、この敷地の容積率の限度は400%となり、

 

 

100㎡×400%=400㎡、これがこの敷地の延べ面積の限度となります。

 

 

 

 

 

 

【容積率パターン3】

 

敷地が2つ以上の用途地域にまたがる場合、地域ごとに分けて計算し合計する。

 

 

近隣商業地域の指定容積率を400%、準住居地域の指定容積率を300%とします。

 

 

まず最大幅員の6mを選択し、

 

 

近隣商業地域

6×6/10=4.8(360%)、厳しい方で360%となり、

100㎡×360%=360㎡

 

 

準住居地域

6×4/10=2.4(240%)、厳しい方で240%となり、

100㎡×240%=240㎡

 

 

よって、この敷地の延べ面積の限度は、

 

 

360㎡+240㎡=600㎡となります。

 

 

※6m道路に接していない準住居地域でも6mで計算します。

 

 

 

 

 

【まとめ】

 

 

☑️道路幅員が12m未満の場合は住居系4/10・非住居系6/10を幅員にかける。

 

☑️道路が2つ以上ある場合は最大幅員で計算する。

 

☑️2つ以上の用途地域にまたがっている場合はそれぞれ計算し合計する。

 

 

これだけ覚えておけば大丈夫です。くれぐれも、用途地域の指定容積率で説明しないようにして下さい。

 

 

以上、ダイヤモンド石田敦也でした。

 

 

関連記事:<建築面積>