· 

YouTubeで楽に勉強する

YouTube

 

 

 

すき間時間を使ってYouTubeで勉強すると、仕事のスキルが上がり自信もつき、いい事だらけ。

 

 

つい最近まで、YouTubeと言えば音楽を聞く事がメインでした。

 

 

でも、年末にテレビに差し込む『Amazonファイヤースティック』を購入してからは使い方が大きく変化しています。

 

 

今までは特に見たい番組でなくても、取り敢えずテレビをつけていたのですが、『Amazonファイヤースティック』でYouTubeが見れるようになってからは、

 

 

自分の意思で見たいものを検索し見ています。

 

 

これが、娯楽性の高い内容の時もあれば、知識を広げるために見ている事もあります。

 

 

そうなんです、ビール飲みながらYouTubeで勉強してる事に気が付いたんです。

 

 

 

 

 

【YouTube学習のいい所】

 

 

 

この楽ちんなYouTube学習の3つのメリットです。

 

 

①時間と場所に制約されない。

電車でも風呂でもスマホさえあれば、いつでもどこでも見れる。ちょっとした時間に学習ができます。本を読むより簡単ですね。

 

②コンテンツが多種多様。

内容が本当に多種多様で、すべての人に対応している。マイナーなコンテンツも多いところが凄いんです。

 

③集中できる。

10分前後の動画のため集中して見れます。ユーチュバー同士の競争が激しいためか、内容がうまく短時間で作り込まれていて無駄がない。

 

 

 

 

 

【具体的に】

 

 

 

個人的には、こんな使い方をしています。

 

 

2020年4月から民法が改正され不動産の契約書が大きく変更になります。

 

 

宅地建物取引業協会からマニュアルが送ってきたのですが、どうも字が多くて読む気がしません。

 

 

YouTubeで「民法改正 不動産契約」で検索すると、弁護士ユーチュバーが沢山でてきて、わかりやすく解説してくれています。

 

 

複数の弁護士さんの動画をビールを飲みながら数本見れば、要点は抑えられます。

 

 

これが頭に入ると、協会のマニュアルも読む気がでてくるのです。

 

 

 

 

 

あとは、ブラインドタッチですね。YouTubeだけで学習し身につけました。

 

 

毎朝、10分を日課にして2ヶ月くらいでマスターしました。

 

 

本当に入力がはやくなって、とても満足しています。

 

 

英会話は1週間くらいで挫折しましたが。

 

 

 

 

 

 

最後に

 

 

 

YouTubeにはフェイクも多いのですが、そこは自分の能力で判別して正しい情報を選別して下さい。

 

 

電車を待っている隙間時間でも、サクッとYouTubeで勉強して自分のスキルを少しでも上げられれば、

 

 

こんな楽でラッキーな事はありません。

 

 

何も机に向かって分厚い本を広げる必要はないのです。

 

 

楽しく学習できれば、どんどん継続していけますよ。

 

 

以上、ダイヤモンド石田敦也でした。