· 

ペットの一時預かり

 

ペットの飼育に関しては契約書・重要事項説明書に明記されています。

 

 

飼育できない物件と飼育できる物件がはっきりと区別されています。

 

 

でも、親族や友人が旅行にいくから一時的に預かるくらいは大丈夫だろうと考えている方もいるようですが、

 

 

ペット飼育不可の物件では一時的な預かりもできません。

 

 

ペットを禁止している本来の趣旨を伝えてルールを守ってもらいましょう。

 

 

 

 

なぜ、ペット飼育を禁止しているのか?

 

ペットを禁止にしている大家さんの考えは、室内の汚損臭気、鳴き声による騒音です。

 

 

ペットによる床や壁のダメージと糞尿の悪臭が室内について部屋の維持管理に費用がよりかかったり、鳴き声による騒音で近隣に迷惑をかけることを避けたいからです。

 

 

また最近ではアレルギーの問題もあり、他の入居者に与える影響が大きいからです。

 

 

 

 

ペット禁止特約の内容を変更する。

 

ペットの預かりに関して以前に問題になったり、今後のことが心配なようであれば、

 

 

特約事項の内容を見直す方がいいでしょう。

 

 

いまの、「ペットの飼育は禁止です。」

 

 

これを、「ペットの飼育および預かり持込みは禁止です。」に変更しておく。

 

 

 

 

ペット飼育禁止では預かりも不可。

 

ペット飼育禁止のマンション等では、一時的な預かりも出来ません。

 

 

もし、飼育ではなく預かりだと主張するような入居者がいたら、

 

 

室内の汚損・悪臭・アレルギー体質の方のことを説明し、厳重に注意しましょう。

 

 

そして特約条項を見直し、必要に応じて変更することをおすすめします。

 

 

但し「身体障害者補助犬法」に基づく、補助犬(盲導犬・介助犬・聴導犬)はこの限りではありません。

 

 

ペット飼育不可のマンションでも、補助犬同伴の入居者を拒むことがないよう努めましょう。

 

 

 

関連記事:<盲導犬はペットではありません>