· 

不動産はオワコン

 

 

 

 

 

おはようございます!

ダイヤモンド石田敦也です。

 

 

SNSで期間工ブログを知って、

 

早速見てみたんですが、

 

インフルエンサーの人たちが言うように、

 

働くことの定義が本当に変わってきていますね。

 

まじで、 

期間工

いや、不動産はオワコンじゃない!!

 

 

 

 

きのうの日経に植物工場の記事が出てましたね。

 

 

完全に密閉された空間でレタスを栽培しています。

 

 

今までにも植物工場はあったんですが、半分は赤字で儲かっていなかった。

 

 

これを技術革新により効率化し、生産性を3~5倍にした。

 

 

記事の内容はこんな感じです。

 

 

 

 

都市部の空き家や未利用の不動産が問題になっていますが、

 

 

こんな利用方法もあるんだ、無理やりカフェや旅館にしなくてもいいじゃんと思いました。

 

 

未利用不動産をうまく換地して集約し都市計画を作り変えて、都市部に新しい食べ物の生産工場を作る。

 

 

食べ物の消費地と生産地は近い方が鮮度は上がり、物流コストは下がる。

 

 

よくないですか?集約するのは難しいけど。

 

 

レタスだけではもったいない!

 

 

今や陸でサーモンが養殖できる時代です。なんでも作りましょう!

 

 

いろいろな食べ物生産工場を生活圏内に取り込んでいく。

 

 

コンパクトシティ構想にも合致する。

 

 

(英語にするとかっこいいですが、ただ江戸時代のような配置に戻るだけですね。)

 

 

 

技術の発展でこんな新しい不動産の利用方法も出てきました。

 

 

今後はエッジコンピューティングと言って、利用者の近くに情報を処理するサーバーを置くモデルも普及してくるそうです。

 

 

人口減で不動産はオワコンと言われ始めましたが、

 

 

鮭からサーバーまで、新しい用途も出て来ています。

 

 

意外に面白いかもしれませんよ!

 

 

 

関連記事:< トレーラーハウス> <売れない不動産>