· 

敷金の運用

 

 

 

 

おはようございます!

ダイヤモンド石田敦也です。

 

今後ロボットやAIの登場で単純労働が減ってきて、

 

貧富の差がますます広がっていくと言われています。

 

僕もそう思うのですが、

 

でも、世の中どんどん貧乏人が増えてくると、

 

多数決の原理で、政治とかは貧乏人が優位に立ちそうな気もしませんか?

 

貧乏人の票を取れそうな政策をかかげて、選挙で勝利できますから。

 

 

 

そうすると、ロボットは1工場に10台までとか言う規制も出来そうです。

 

結局、ボーダラインは超えないんじゃないですかね?

 

これからはますます、「なんとかをぶっ壊す党」系が出てきそうですね

 

多数決

敷金の運用

 

 

 

日本はいま銀行預金の金利が0.02%くらいなので運用と言ってもたかがしれていますが、

 

基本的に預かった敷金を運用して利益をあげることは可能です。

 

宅建協会の賃貸借契約書にも、「敷金には利息は付けないものとする。」って、ちゃんと書いてあります。

 

住宅の場合は入れ替わりが激しいですが、店舗なんかだと10年間くらい継続して営業している場合もあるし、敷金・保証金が高額なケースもあります。

 

金融商品の知識は僕にはありませんが、

 

安全な運用方法で退去の時に解約できて返金可能であれば、

 

お金はまわしたほうがいいと思います。

 

金融機関との取引も増えますしね。

 

契約書の敷金の項目は確認しておいて下さい。