· 

サブリース

 

 

 

おはようございます!

ダイヤモンド石田敦也です。

 

 

よくメディアで、”いま、世界的に和食ブームです!!”って言ってますけど、

 

僕が高校生の頃からずーっと、そう言われ続けています!

 

笑っちゃいますね!!

 

現場からは以上です。

和食

サブリース

 

 

 

新築物件を購入したり建築したりする時に、不動産業者に物件を一括で全部貸して、毎月一定の賃料を受け取る仕組みの事をサブリースと言います。

 

 

どちらかと言うと、悪いニュースで耳にした事がある人の方が多いかも知れません。

 

 

この仕組みと言うか契約内容を、十分説明しなかったり虚偽の説明をして訴訟も起っています。

 

 

そもそもサブリースは一括で借り上げる不動産業者が損をしない契約内容になっている事を頭に入れておいた方がいいです。

 

 

こう言うと、悪徳不動産業者のように思われるので、言い方を変えます。

 

 

本来は投資信託に近いシステムだと、僕は思っています。

 

 

”僕らプロの不動産業者がオーナーさんに変わって物件を全て運用しますから、利益の一部を頂きますよ!”

 

 

これが本来の趣旨です。

 

 

何も、”オーナーさんの損失を僕ら不動産業者が補填しますよ!”と言う、うまい話ではないのです。

 

まあ一時的に不動産業者の収入がマイナスになる事はありますが、年間を通せば利益が出るように設定しています。

 

 

と言う事は、相場賃料の下落等で情勢が変わってくれば、当然不動産業者は利益を確保するために賃料の減額を要求してきます。

 

不動産業者も赤字を続ける訳にはいかないからです。

 

ここを理解しておかないと大変な事になります。不動産投資のリスクはあくまでも物件所有者にあります。全てのリスクを不動産業者が取ってくれる訳ではありません。

 

 

安易な考えで、サブリース付物件の購入は気をつけて下さい。

 

あのWeWorkも、いまこれで困っているんですから。