· 

無料インターネット

おはようございます♪
ダイヤモンド石田敦也です。
 
よく公務員の人に向かって、
 
“お前ら誰の税金で給料もらってると思ってんだ!!”的な発言してわめき散らしているおっちゃんがいるじゃないですか。
 
でも、知ってました?
 
所得上位6%の人が税金の40%を納めていて、サラリーマンの30%はほとんど所得税を払っていない事。
 
恐らく、暴れているおっちゃんは言うほど税金を納めていない可能性が高いと僕は考えます。
 
それは税金をいっぱい納めている人は忙しいので、文句言いに来る暇なんてないでしょ。
 
そう考えると、洋服のネット通販の元社長さんを見る目がかわってきませんか?
 
 
以上です!
円グラフ

無料インターネット

 

 

 

 

 

インターネット無料のマンションであったクレームです。

 

最近は差別化のために、ネットを無料で使えるようにしている物件も多いです。でもこれが思わぬトラブルの原因となる事があります。気をつけて下さい。

 

不動産屋でネット無料とチラシに書いてあって、物件を見に行って申し込みをした、なんて言う人もいると思います。

 

確かに、個人でプロパイダーと契約すると5,000円前後は費用がかかりますから、結構助かりますよね。

 

入居者募集ではかなり人気のあるサービスだと、僕も思います。

 

しかし、申し込み・契約の前にきちんとネット環境の事を説明していないとトラブルになります。

 

なぜか?

 

入居者はこのマンションに入居すれば、いつでも快適にネットで動画とかが見れると思っているからです。

 

実際には、導入するネット設備のランクでスピードは変わってきますし、一度にたくさんの人が使うと最悪動画が再生中に止まってしまうなんて事もおこります。

 

なのでネットを導入する場合は、通信業者さんと戸数・回線速度については十分に打合せ説明を受けて導入して下さい。見積金額だけを比べて契約するような事のないようにして下さい。

 

あと、入居者さんへの説明は、”表記のインターネット速度は、最大値であり各部屋の実際の速度を示すものではありません。利用環境・利用状況により速度は低下します。”と重要事項説明書に記載しておいた方がいいでしょう。