· 

用途制限

 

 

 

おはようございます!

 

いまサードドア、読んでいるんですが、

 

確かに、面白いです、何かダイ・ハードの映画見てるような

 

ドキドキ感がありますね。”次、アレックスどうなるんだろう?”って。

 

 

本には写真がなかったので、Google先生に聞いたら出てました。 ↓ 以上です!

 

 

アレックス バナヤン

用途制限

 

用途制限で取引が解約となったケースがあります。

 

第一種住居地域の更地を倉庫業を営む予定者に売却したが、建築ができないことが解り解約となり損害賠償の請求を受けた。

 

ここで怖いのは、何を持って倉庫業と定義するかです。行政の判断は、自らの物品を保管するために使用する場合は営業用倉庫ではない。

 

他人の物品を保管することを業としている場合は倉庫業を営む倉庫として扱われることが多い。と言うことです。

 

今回は、不動産業者が買主さんの物品を置く倉庫なのか、他人の物を置く倉庫なのかを確認しなかったために起こってしまったトラブルです。

 

用途だけでなく、業種業態・利用方法まで細かく聞いておかないと、今回のようなトラブルになる危険性があるので注意しないといけませんね。