· 

外国人の入居者

 

 

 

おはようございます!

 

くら寿司のカバーが、なかなかうまく外せない石田敦也です。

 

 


外国人の入居者

 

 

 

日本にいま、どのくらいの外国人労働者がいるか、知ってますか?

 

127万人です。神戸でもコンビニや外食チェーン店に行くとアジアの方をよく見かけます。そのうち30%が中国の方、20%がベトナムの方です。僕も管理している物件に、工務店さんで働くベトナムの若い方が住んでいます。

 

2050年には65才以上の高齢者が40%になる超高齢化社会を迎えます。ちょっとまずいですよね。このまま行けば、日本経済はかなり厳しい状況になるのははっきりしています。少子化対策は時間がかかるし、政府ははっきり言いませんが、移民政策に舵をとって行くと僕は思います。

 

先進国はほとんどそうしています。それ以外に短期的に労働人口減少を食い止める方法はないでしょうね。なので僕は不動産業界は比較的にいい方向で行くんじゃないかと思っています。特に賃貸市場は、いま空室・空き家問題で悲観的な感じですが(現在の空き家数は846万戸です)、外国人の方がどんな形であれ、入って来て増加してくれたら手頃な家賃の物件は埋まっていきます。

 

でも、契約後に習慣の違いから、いろいろんなトラブルも出てきます。一番の多いのがゴミの分別ができないことで近隣からクレームが来ることです。日本語が通じないので注意するのも大変なんです。

 

日本人でも悩むことがあるので、外国の方にはかなり大変だと思います。でもいま、母国語で入居者の方とやり取りをしてくれるサービスがあるんです。

 

GTNと言う会社なんですが、8ケ国語に対応していて、家賃保証も行っています。これは僕らにとってはかなり助かるサービスです。言葉が通じないことで解決しないことが減っていきます。

 

今後、こう言うサービスが増えて来て、積極的に外国の入居者を受け入れていければ、賃貸不動産業界は活性化していくと僕は思うんですが。