· 

解除の意思表示

 

 

 

おはようございます!

 

吉本興業さんのニュースばっかりですね。

 

芸人さんとの契約が口頭だとか、書面を交わさないとだめだとか、もめてますね。

 

そこは一歩前に進めて、業界初の、契約書をブロックチェーンにしたらどうだろう!

 

っと思った、石田敦也です。

 

現場からは、以上です!

 

 

チェーン

解除の意思表示

 

賃貸契約で退去する場合、借主さんは数ヶ月前に貸主さんに連絡をします。解約予告ですね。契約書に”1ケ月前とか3ケ月前に”って書いてあります。

 

この解約予告ですが、法律上、撤回はできません。”解除の意思表示は取り消すことができない。”民法540条です。

 

例えば、借主さんが事務所を移転しようと、3ケ月後に出て行くと貸主さんに連絡をしました。でも、なかなか気に入った物件が見つからず期限が迫ってきました。

 

借主さんは、”貸主さんにお願いして、もう少しここに居よう。”っと考えても、貸主さんは退去を要求することが出来ます。

 

ただし、貸主さんと借主さんが合意すれば、解約予告を撤回することも可能です。