· 

風呂なし賃貸。

 

 

おはようございます。

ダイヤモンド石田敦也です。

 

この夏の目標を決めました。

 

クロールの練習を始めます。水泳教室に入りまーす!

 

以上です!

 

 

 

 

東京銭湯

 

 

銭湯に特化した賃貸物件情報サイトをネットで見つけました。”東京銭湯”と言うのですが、銭湯の近くの物件の情報発信をしています。

 

僕も自宅の風呂はほとんど入らず、ジムの大浴場を利用しています。やはり風呂の大きさとリラックス度は比例していると思います。なので、このサイトの意義はよく理解できます。

 

あと、風呂内でのコミュニケーションはちょっとゆるくていい感じです。シェアハウスの共同リビングでみんなで楽しく会話するとか、仕事帰りに行きつけの居酒屋で一杯やっていくような感じですね。

 

銭湯を社交の場所として、少しだけ生活にゆるい時間を作るのも、ちょっと贅沢で面白いと思います。

 

また、今流行りのシェアリングエコノミー的に考えれば、風呂なし物件も面白いと思います。このサイトにも銭湯近くの風呂なし物件が沢山出ていました。

 

風呂の稼働率って、とても悪いですよね、1日に1人30分位しか使っていませんから。みんなでシェアしたほうがいいとも思います。

 

昔はそれが普通でした。自宅に風呂がないから、みんな近所の銭湯に行って、風呂入って雑談したり洗濯したり、たまにけんかしたりして、 最後はコーヒー牛乳飲んで仲直り。なんかこんなテレビドラマありましたね。”時間ですよ!”だったけなぁ?

 

 

さすがに、風呂もシャワーもないと困るので、自宅は小さなシャワールームで風呂は銭湯が一番いいと、個人的には思います。

 

以上、風呂なし物件は今後、トレンドになるかもでした!