· 

始期

 

 

 

 

おはようございます!

ダイヤモンド石田敦也です。
元町で恐怖のドリンクを見つけました!
おそらく、八宝菜のお粥だと思いますが。
おかゆ

 

 

法律行為の効力の発生と債務の履行に関する期限を始期と言いますよね。

 

賃貸借契約書にも○○日から△△日までって記載します。ここで、注意しないといけないことがあります。

 

不動産契約書は雛形としてあるんですが、契約当事者の事情でいろいろな特約を入れたりします。これが結構大変で気をつけないと大きなトラブルにつながります。

 

例えば、店舗契約の場合は工事期間中は賃料を免除してほしいとか、住宅でもフリーレント期間があったりします。

 

この内容を契約書に追記するのですが、問題は契約の始期です!

 

不動産業者を通さず直接契約している場合に多いのですが、契約の始期を賃料をもらう時からにしているケースがあります。つまり、工事中やフリーレント中は契約の始期に入っていないと言うことです。

 

これだと火災などの事故や債務不履行が起こった時に非常に怖いです。(鍵の引渡を持って契約の効力が発生する判例もあるかもしれませんが)なので、僕らは安全のため必ず物件の引渡と契約始期を同時にします。そして、”但し工事期間中の○○日から○○日までの賃料は免除する。”とか書き加えます。

 

”知ってる人だから大丈夫だろう。”と言って鍵だけ渡して家賃と始期は来月からなんて言う契約は危険です。