· 

敷金返還と明渡し。

 

 

 

おはようございます!

 

サラリーマン時代よく、芦屋の六麓荘の木陰で、

 

車を止めて昼寝をしていた、石田敦也です。

 

 

六麓荘

 

 

 

問題です!

 

 

”敷金の返金と借主さんの明渡しは、同時に行わないといけない。”

 

 

 

答えは、×です!

 

敷金の返還債務は、物件の明渡し後に発生します。

 

敷金は賃貸借契約における賃料支払債務等を、賃借人が賃貸人に対して負担する債務を担保するためのものなので、

 

賃貸人が担保を保有する必要がなくなった時に返還すればいいものとなります。

 

よって、同時に履行する必要はありません。

 

実務的には、退去立会を行って、部屋を空にして原状回復の確認をとってから、返還します。

 

敷金清算といいますね。

 

ただ、上の作業が完了したら、なるべく早く返還したほうが、借主さんは助かりますね。