· 

法人成り。

Google

 

 

 

おはようございます!

ダイヤモンド石田敦也です。

 

あさのニュースで、Google先生が、

 

ニューヨークのビルを656億円で購入する記事が出ていました。

 

半端ないですね!

 

ちなみに、F35は、1機150億円くらいです!

 

以上です。

 


 

 

会社を辞めて、独立する。

 

自分の好きなことを、仕事にできれば、本当にいいですね!

 

 

実際に会社を辞めて、個人でネットを活用し、いろいろな仕事を始めた人も多いと思います。

 

先日、お会いしたお客様は、ネット通販を初めて数年ですが、売上が順調に伸びてきて店舗の移転を検討していました。

 

ここでなんですが!

 

個人で営業を行なっていた人が、株式会社を設立して事業を拡大していくと、借りていた店舗・事務所はどうなるか?

 

こう言う、問題出てきますよね、契約的にどうか?

 

結論から言うと、

 

大家さんから、”出ていけ!”とは、言われません。

 

個人で店舗・事務所を契約していて、法人化しただけでは、建物の使用状況は何も変わらないので解除権は発生しません。

 

ただし、経営権が譲渡されたり、建物の使用状況が変わったりしているのに、賃貸人の承諾を受けていなければ、譲渡・転貸と見なされ、契約は解除される可能性があります。

 

 

 

僕は、このケースの場合は、契約書を新たに作り直すことを薦めます。

 

契約書の作り直しだけでなく、敷金も一度返還して、現在の契約を終了させます。

 

そのうえで、新しい契約を結ぶ。

 

経験上、権利関係を複雑にすると、後で、いろいろ問題が出てくることが多いです。

 

例えば、この物件を将来、売却するときとか、

 

なので、権利関係は、出来るだけ、簡単にして置くことが重要です。