· 

賃借人の自殺。

セブンイレブン

 

 

おはようございます!

ダイヤモンド石田敦也です。

 

きのう、三宮に行ってる時、司法書士さんから電話があって書類をメールしなといけなくなったんですが、

 

いつもなら、マックかスタバかタリーズに入るんですが、

 

セブンイレブンに小さなカウンターがあったので、飲み物買って、そこで、Wi-FiつないでMacから送信!

 

考えてみれば、コンビニって、コピーやプリントもできるし、スタバより便利じゃん!Wi-Fiも使えるし。

 

最近、テーブルとかカウンターがあるので、サックと仕事できますね!

 


 

 

 

長く賃貸経営をされていると、いろいろなことが起こります。

 

なかには経験された方も、いるかもしれませんが、(僕は過去に経験があります。)

 

 

 

賃借人の自殺についての判例です。

 

賃借人と賃貸人は、2階建アパートの賃貸借契約を結び、3年ほど経った時に、賃借人は室内で自殺しました。

 

そして、賃借人の母が単独相続をしました。

 

そこで、賃貸人は相続人の母と、本賃貸借契約の連帯保証人に、本件の部屋と両隣・階下の賃料減少分の損害賠償を請求しました。

 

 

裁判所の判断は、

 

賃借人が室内で自殺したことは、賃借人の善管注意義務に違反したもので債務不履行を構成する。よって、相続人は損害を賠償する責任がある。連帯保証人も連帯して賠償する責任がある。

 

金額は、賃貸不能期間(貸せなかった期間)とその後2年間の減収期間の計3年間で、132万円としています。

 

隣接する部屋の入居希望者には、自殺があったことを告知する義務はない。隣接する部屋の賃料減収があったとしても、自殺と相当因果関係のある損害とは認められない。

 (平成19年 東京地裁)

 

いろいろな考え方が、あると思いますが、オーナーさんには厳しい判決ですね。

 

心理的瑕疵については、法令で告知の詳しい方法・内容が定められていません。対応が非常に難しい事案です。