· 

固定資産税に消費税って、どういうこと!

自販機

 

おはようございます!

ダイヤモンド石田敦也です。

 

僕が小学校のころの、自動販売機は、こんなのでした。

 

縦長のガラスの扉をあけて、

 

ビンを抜き取る奴です。

 

”そおそお、これこれ!”って言っている人、いるんじゃないですか?

 

横に栓抜きが付いていて、開けると、いつも炭酸が吹き出てました!

 

以上です!

 


 

 

不動産売買を経験された方は、所有権移転の日に、固定資産税・都市計画税を清算されたと思います。

 

関西であれば、今年の4月1日から移転の前日までが売主さん、移転の日から翌年3月31日までが買主さん。

 

こんな感じで、清算します。

 

ただ、ここで、この固定資産税・都市計画税に消費税がかかることがあります

 

”なんだ、それ?”

 

っと、思うかもしれませんが、このケースの場合、消費税がかかります。

 

 

売主さんが、不動産業者の時です。

 

正確に言うと、売主さんが、消費税の課税事業者の場合は、受領した固定資産税・都市計画税のうち、建物に関するものは建物の譲渡対価の一部を構成するものとして、課税売上に該当すると決まっています。

 

 

建物の固定資産税に消費税って、二重課税のような気もしますが、

 

国がそう決めたので、しょうがないですね。!

 

ただ、実務では、取らないことも多いです。

 

もし、消費税がかかっていてもミスではありません!