· 

押印のかわりに花押。

 

 

 

おはようございます!

ダイヤモンド石田敦也です。

 

家に、3本以上、ビニール傘がある人は、

 

お金が、貯まらないらしいです。

 

”家に、ぴったし3本ありました!”

 

以上です! スタジオにお返しします。

 

 

ビニール傘

 

 

 

 

花押(かおう)

 

戦国大名とかが、署名の代わりに使っていたサインのようなものです。

 

これ、織田信長の花押です。↓

 

織田信長の花押
織田信長の花押

 

江戸時代には、天皇・貴族・戦国大名だけでなく、庶民も使っていました。

 

ただ、江戸時代中期に、印鑑が普及して、だんだん使われなくなって行きました。

 

今でも、総理大臣や閣僚は、署名に使っています。

 

 

何で、花押の話か?

 

実は、面白い判決があります。

 

自筆証書遺言に署名と押印のかわりに花押を記したケースがあります。

 

最高裁まで争われ、最終的に、

 

”押印の代わりに花押を記した自筆証書遺言は無効である。”

 

と、されました。(平成28年)

 

今でも、花押を使われている方がいるんですね。ビックリです。

 

 

どうやって作るのかググったら、本当に出てきました。

 

誰でも花押は、作れます!