· 

広告の開始時期。

 

 

 

おはようございます!

 

昨日、生まれてはじめて、アクアビクスを45分して、

 

筋肉痛で階段を上るのが大変な、石田敦也です。

 

でも、浮力のせいか、走るより、ひざ・腰の負担は軽くて、続けられそうな気がしました!

 

 

 

 

不動産の広告が、よく問題になってます。

 

一番悪質なのは、無い物件やすでに成約している物件を、意図的に掲載している場合です。

 

同業者として、恥ずかしい行為です。広告に関する規制を守らないと、罰せられることがあります。

 

 

ある不動産業者が、行政処分を受けた事案です。

 

不動産業者Aは、開発許可や農地転用の許可を得る前に、所有者に確認することなく、広告をしてしまい、

7日間の業務停止処分を受けました。

 

ここで、注意しないといけないのは、たとえ、所有者の確認をとっていたとしても、許可が下りるまで広告はできません。

 

未完成物件に関しては、広告の時期に制限があります。

 

建築確認・開発許可・宅地造成許可・農地法許可・国土利用計画法許可

などの、許可が下りるまで、すべての広告はできません。

 

 

建物の建築を計画されているオーナーさんは、少しでも早く広告を出してほしいと思う気持ちはわかりますが、法令に基づいて、不動産業者と相談して行って下さい。