· 

クリーニング屋さんは、請負契約。

 

おはようございます!

 

卓球の張本智和選手が世界卓球2019の4回戦で敗退して悔し泣きをしていたシーンを見て、

 

彼はこの後、凄い勢いで強くなっていくんだろうなぁーと 、

 

確信した、石田敦也です。

 


 

 

 

僕らが行っている賃貸物件の管理契約は、準委任契約です。

 

普段、何気なく請負契約とか、委任契約とか言ってますけど、正確な意味を知ってますか?

 

 

”それ知ってたから、どうした!”

 

っと、言う人もいると思いますが、業界関係者はしっかり説明できた方が、絶対いいです。

 

なぜか? いろんな試験の問題になってます。

 

僕が去年試験の為に、勉強していた過去問にもでていました。

 

では、おさらいです。

 

1.委任契約

委任者が受任者に対して、法律行為をすることをお願いし、受任者がこれを受けること。

 

2.準委任契約

委任者が受任者に対して、法律行為以外のことをお願いし、受任者がこれを受けること

 

違いは、法律行為をするかしないかですね。

 

法律行為:なんかの契約・遺言とかです。

 

3.請負契約

当事者の片方が仕事を完成することを約束し、その相手方がその仕事の完成に対して、報酬を支払うことを約束する契約。

 

 

委任・準委任契約は仕事の過程に責任を負う、(善管注意義務ですね。)しかし、結果に対しては責任はありません。

 

これに対して、請負契約は仕事の結果に責任を負います。なので、仕事が完了しなかったり、ミスがあれば契約解除・損害賠償を受けます。

 

 

最後に、僕もいま、知ったんですが、

 

クリーニング屋さんは、民法上は請負契約です!

 

ちょっと面白いですね。

 

だから、シャツを持って行くと、細かく説明を受けるんです。

 

”このシミは、落ちませんけど、いいですか?”とか、

 

 仕事の結果に責任を負っています。

 

以上です。

 

 

関連記事:< 代理契約> <双方代理>