· 

ついに来た。VR内覧。

 

 

おはようございます!

ダイヤモンド石田敦也です。

 

連日にわたって、ベビメタネタですいません!

 

今度は2連発、イギリスのO2ブリクストン公演・カリフォルニアAfterShockのお告げです!

 

今年、BABYMETALは音速の勢いで世界を制服します。

 

みんな、着いて行けるのか?

 

 

 

 

 

昨日、不動産仲介のミニミニさんのVR物件案内の記事を読みました。

 

衝撃とまでは、言いませんが、そのデーターが結構すごいです!

 

国公立大学受験日の大学近辺の賃貸仲介店舗の接客数が前年比50%アップ、

 

現地を見ずにVR案内で物件予約をした人は全体の70%。

 

 

これって、凄いことだと思いませんか?

 

 

10人中、7人が物件の現物を見ないで、ミニミニさんの店舗でVR端末を見て契約の申し込みをしたと言うことです。

 

まだ、お客さんにVR案内システムのことが、きちんと告知できていなかった為、大学近所の店舗にお客さんは行ってしまいましたが、

 

このシステムを知っていれば、今後、例えば、

 

九州の高校生が、神戸大学に受かってワンルームを六甲で探す時は、

 

家の近所の不動産屋に行って、そのお店のVR端末で六甲のワンルームを内覧する。

 

もっと言えば、自宅のデバイスから、六甲のワンルームを内覧できる。

 

不動産業界の人間からしてみれば、革命的な技術だと思うのですが、

 

昔と違って、今のVR映像は現実の物件にかなり近いです。

 

 

 

昔から、大学の近辺には、賃貸の不動産屋がたくさんありました。

 

合格発表の日は、大混雑で、みんなそこそこ稼げたと思います。

 

でも、これからは、日本中どこからでも、物件をVR案内できるようになります。

 

不動産仲介業のシステムが大きく変わって行きます。

 

この波に、乗り遅れないようにしないと、今後、不動産仲介業を続けていくのは難しくなるでしょう。