· 

赤ちゃんは、不動産を所有できる?

 

 

おはようございます!

ダイヤモンド石田敦也です。

 

僕の行っているジムのおじいちゃんたちの鉄板な会話です。

 

”〇〇さん、最近、こうへんなぁ?”

 

”死んだんちゃうかぁ?”

 

”アハアハアッハッハ~♪”

 

次の日、〇〇さんが来ると、

 

”おぉー!生きとったか、よかった! よかった!”

 

”アハアハアッハッハ~♪”

 

以上です。

 

 


 

言葉のしゃべれない赤ちゃんは、不動産を所有できるか?

 

答えは、〇です。

 

 

 

権利能力=法律の権利義務の主体となる地位・資格。

 

 

権利能力を有する者は、所有者になることが出来ます。

 

出生によって、赤ちゃんは権利能力を取得します。

 

お父さん、お母さんと、会話が出来ない、赤ちゃんでも不動産は所有出来ます。

 

もっと言うと、お腹の中にいる胎児は権利能力を有しないとされていますが、

 

相続については、権利があります。意外ですね。(民法886条)

 

但し、当然ですが、泣いている赤ちゃんと不動産売買契約は出来ません。

 

意思能力がないからです。