· 

水漏れの損害、3940万円!

 

 

おはようございます!

 

BABYMETALが本格始動して、アミューズの株価が気になっている、石田敦也です。

 

 

 

アミューズ
アミューズ株価

 

 

 

 

水漏れによる、下階の被害が3940万円にもなってしまったケースです。

 

Aさんの所有する建物の3階を借りていたBさんは、ユニットバスの洗面台の蛇口を閉め忘れ、二階を借りているCさんの事務所に水漏れの被害を与えてしまいました。

 

Cさんは、現場に来ていたBさんとBさんのお父さんに、この損害を保証・弁済することを書面にし、署名を求めました。

 

Bさんのお父さんは、応じませんでしたが、しつこく催促され、最後には署名をしました。

 

また、Cさんは水漏れが二回目であったため、構造上の問題を疑い、Aさんにも書面に署名を求めました。

 

Aさんも署名を拒みましたが、最後には署名に応じました。

 

この書面に基づき、Cさんは、AさんとBさん、Bさんのお父さんに損害賠償金3940万円を請求しました。

 

Cさんの事務所には、商品が保管されていて損害が大きくなってしまいました。

 

 

甲府地裁の判決は、

 

Bさんには、不法行為。AさんとBさんのお父さんには、連帯保証に基づき3940万円の支払いを認めました。

 

 

 

水漏れ事故は、下へ下へ、被害が拡大していきます。

 

今回のケースのように、商品などが保管してあると、被害額が多額になります。

 

オーナーさん・入居者さんは保険の内容・範囲を確認して、必要であれば、保険の見直しも必要だと思います。

 

 

特に、入居者さんの保険は更新の時に、手続きをしてもらえないケースもあるので、契約書の特約に保険の加入を謳うこともいいと思います。