· 

週15時間だけ働く。

 

おはようございます!

 

そろそろ、三宮のコアーキングオフィスを借りたいと思っている、石田敦也です。

 

 

 

ケインズが1930年に”わが孫たちの経済的可能性”と言うエッセイを発表していた。

 

と、この間本で読んだんですが、

 

この内容が凄いんです!

 

ケインズは、”2030年には人々は週15時間働くだけで生活水準を維持できるようになる。”と言っています。

 

100年位前にですよ?

 

今、僕らがやっている事はこれからどんどん自動化されていきます。

 

ネット・パソコン・AI・ロボットにどんどん仕事をしてもらって、余った時間を自由に使って生きて行く。

 

当然、一部の職種では仕事を奪われる人たちも出てくるとは思いますが。

 

でも、ある日、突然、仕事がなくなるわけではないので、時間的余裕はそこそこあります。

 

大丈夫、準備期間はあります!

 

これから始まる新しい世の中は、そんなに悲観的にならなくてもいいと思います。

 

所得は増えていかないかもしれませんが、自由に使える時間は増えていくかもです。

 

 

働き方2.0

 

その時間を使って、みんな好きな事をしていけばいいんです。

 

そして、それが少しでも収入に変わっていけばいい人生になると思います。

 

もうすでに、こう言う事をやってる人、沢山いますね。

 

ハンドメイドの物をメルカリで売ったり、ブログを書いて稼いだり、YouTubeで趣味の事をながして広告収入を上げたり。

 

これだけでは、さすがに生活できませが、サブの収入にはなります。

 

 

AIやロボットの登場は、意外と悪くないかもしれません。

 

お金に依存するような生活から少しずつ変わって来ていますね。

 

ちなみに僕は釣りが好きなので、釣りのブログか動画をYouTubeで流そうかと考えています。最後、食べれるし!(笑)

 

以上です。 スタジオにお返しします!