· 

前面道路と容積率の関係。




おはようございます!

一応、神戸生まれなんですが
サンプラザとセンタープラザの境目が
今だに、解っていない石田敦也です!




 

 

用途地域によって容積率が定められていますが、前面道路が12m未満の場合は道路幅員により計算されます。

 

容積率は敷地面積に対してどのくらいの延床面積がとれるかをあらわします。

 

基本的に用途地域によって決まっていて、例えば第一種中高層住居専用地域では200%とかです。

 

100㎡の土地であれば200㎡まで建てられると言うことですね。

 

 

でも、これには細かいルールがあって前面道路の幅によって計算しないといけない事もあります。

 

具体的には、12m未満の道路幅員の場合は幅員に住居系は0.4・それ以外は0.6をかけます。

 

第一種中高層住居専用地域で前面道路の幅が4mの場合、4m×0.4=1.6で容積率は160%となります。都市計画図で容積率200%と表示されていても160%までしか建てられません。

 

道路幅員に0.4または0.6をかけたものと、指定容積率を比べて小さい方を上限となります。

 

 

細かい法令はいいですが、道路幅員×0.4・0.6は覚えておくと役に立ちますよ。

 

余談ですが、あのドナルド・トランプ大統領はトランプタワーを建てる時、隣地のティファニーの余っている容積率を買取っています。空中権取引と言う奴ですね。日本にも数例あります。