· 

ローン特約。

 

 

おはようございます!

 

この間、銭湯に行って下駄箱の100円を

だれか取り忘れていないか探してしまった、

石田敦也です。

 

 

 

ローン特約

 

 

不動産を購入する場合、多くの人は銀行から

お金を借りて購入します。

 

この融資が上手くいかなかった場合、契約を

白紙解約できるように契約書に特約として、

入れておく事ができます。これをローン特約

と言います。

 

具体的には、まず、

 

1.手付金を支払い売買契約を締結します。

 

2.この契約書を持って、銀行でローンの申込

 みをします。

 

3.銀行からローン申込みの結果の連絡があり

 ます。

 

4.OKの場合、そのままローンを実行して目的

 の不動産を購入します。

 

 ダメな時、約束の期日までに売主さんにそ

 の旨を伝えて、契約を解除します。この時

 支払った手付金は全額返金されます。但し

 無傷ではありません。契約書に貼った印紙

 や仲介手数料は請求される事があります。

 

 

このローン特約に基づく解除で不動産屋が、

買主さんから損害賠償を請求された事例が

あります。(東京地裁 平成24年11月)

 

理由は、解除期限の日にちを守れなかった為

です。ローンの申込み・進捗状況を不動産屋

がきちんと管理できていなかった、買主さん

任せにした。人生で住宅ローンを組む事は、

そうそうありませんから、買主さんが一人で

出来るはずはありませんね。

 

普通は契約前に、銀行に事前照会をするので

大きな事故は少ないはずなんですが、最悪の

結末になってしまいました。

 

決済日(所有権移転日)まで、決して気を抜

いてはいけませんね。