· 

IT重説”始めました

 

おはようございます!

YouTubeの"あなたへのおすすめ"で
バンクーバーオリンピックの
ブライアン・アダムスが出て来て、
朝からいい波乗ってる!石田敦也です。

IT重説

 

 

 

 

テレビ電話のアプリを使って、重要事項説明を

出来るようにしました。

 

国土交通省が賃貸の取引にのみIT重要事項説明

を許可しています。→IT重説

 

お客さん・不動産業者ともにメリットがあるの

で早く普及したらいいと思います。

 

”IT重説”って聞くとちょっと難しいそうな感じ

がしますが、全然、大丈夫です。

 

テレビ電話のアプリを使って説明会話するだけ

です。みんな誰でもやってますよね。

 

iPhoneだとFaceTimeが標準で入ってます。こ

れで普段友達と話すのが不動産業者の人に変わ

るだけです。

 

通信方法(やり取りするアプリ)は特に指定は

ありません。

 

ですから、お客さんが”スカイプ”でお願いしま

す。と言えばそれも可能です。

 

 

一番のメリットは移動・時間・旅費の節約が出

来る事です。

 

例えば、九州の人が神戸に引っ越す時、一度神

戸に物件を探しに行って候補を絞り、九州に帰

ってから不動産業者の人と連絡を取り合って契

約締結まで来店せずに完了出来ます。

 

今まで2・3回来店して頂いたケースもあるの

でこれは助かります。

 

僕ら不動産業者にも効率的です。日中は案内業

務を中心にして夕方以降はこの重説等の事務作

業をする。時間が有効に使えます。

 

昼間に接客するお客さんの数が増えたり、案内

できる部屋が増えたりします。

 

ただ、このIT重説には国土交通省が定めた要

件があります。

 

1.双方向でやりとりできるIT環境において実

 施。

2.重要事項説明書の事前送付。

3.説明の開始前に相手方の重要事項説明書等の

 準備とIT環境の確認。

4.宅地建物取引士証を相手方が視認できたこと

 の画面上での確認。

 

5Gになれば、何の問題もありませんね。

不動産業界も急速にIT化が進んでいます。

乗り遅れないようにしないといけません。

ちなみに、僕はZoomのアプリを推奨していま

す。