”自分の時間を取り戻そう” ちきりん

 

 

おはようございます!

 

昨日、セブンイレブンでおかずを買った時、

ふと、おでんツンツン男の事を思い出して

しまった。石田敦也です。

 

 

”自分の時間を取り戻そう” ちきりん
”自分の時間を取り戻そう” ちきりん

 

この前、テレビにニトリの社長が出ていて自

宅の本棚が映っていました。

 

その時、”自分の時間を取り戻すそう”が映っ

ていてなぜか印象に残っていました。

 

番組でこの本の内容には一切触れていないの

であらすじは全く解っていません。作者も知

りませんでした。

 

でも、今度読んでみようと思ってました。

 

あの、ニトリの社長さんが読んだ本なんだか

らと。

 

読み始めてすぐに思いました。”買って正解!”

 

一番面白かった所は、生産性の悪い事は今後

どんどん淘汰されていく。ITの進歩によって

。って言う所でした。

 

タクシー待ちの事が書いてあって、客を待っ

ている時間の方が客を乗せて運んでいる時間

より長い。こんな生産性の低い事はよろしく

ない。

 

確かに、こう言う事っていっぱいあるなぁと

考えさせられました。

 

タクシーのドライバーさんは、客待ちをして

いる時決してサボっているわけではありませ

ん。

 

むしろ、はやく順番に並ぶ為、必死で駅前の

ロータリーに戻って来ているはずです。

 

ただ、生産性を考えれば確かに車の実質の稼

働率は低そうです。

 

これを、IT技術が解決出来る。と言う事です。

 

Uber(アメリカの配車サービス)がそうです

ね。

 

そして、効率化してこの空いた時間でもっと

楽しい事をしよう!

 

とても良い事だと思います。

 

あと、シェアリングエコノミーの事も書いて

ありました。これも面白くて。

 

私たちの家の中にも、稼働率の低い事・物が

沢山ある、これは問題だ!

 

的な事だったと思います。

 

自分なりに考えて見ると、まず洗濯機です。

僕は週2回位しか使っていません。洗濯に要

する時間は1回1時間で週2時間。

 

こんな稼働率の低い物もないなぁと思いまし

た。本来は5~7人に1台で十分な物なのかも

しれません。

 

もっともっと便利なコインランドリー・洗濯

代行サービスが出てくるんでしょうか?ITの

技術で。

 

 

 

長時間一生懸命に働く、忍耐努力でがんばる

ような昭和の価値観だけではない、新しい価

値観がどんどん生まれて来ていますね。

 

 

 

最後に、今後無くなって行く仕事をがんばる

のはやめようと決めました。