· 

なんで、固定資産税が上がるの?

 

 

おはようございます!

 

トム・クルーズより3才年下のダイヤモンド石田敦也です。

 

 

 

 

 

 

 

テナント募集
テナント募集で思わぬ事に、

 

 

 

 

 

以前に、取引先の不動産業者から聞いて、

びっくりした話があります。

 

賃貸マンション・アパートをお持ちの、

オーナーさん気をつけて下さい。

 

内容は、

1階部分が、空きテナントで不動産業者が

お客さんを探してきて、無事契約しました。

 

テナントを借りた入居者は、商売を始める

為に、内装工事を開始しました。

 

工事も終わり、順調に営業を始めました。

オーナーさんも喜んでいました。

 

 

ところが、ある日区役所からきた固定資産

税の金額が上がっていたのです。

 

原因は、なんと入居したテナントさんの工

事でした。

 

この上がった固定資産税を、誰が負担する

かで大変もめたそうです。

 

通常の内装工事では、固定資産税が上がる

事はありません。

 

1階部分が以前と違う用途になって(法の

6条用途変更)外壁床等に高額の石材

や性能が上がるような工事をした。

 

確認申請が出てしまって、役所は気づいた

のだと考えられます。

 

事前にわかっていれば、どちらが負担するか

決めておく事が出来ました。

 

僕は、この話を聞いてから工事の内容を確認

して特約を入れるようにしました。

 

「乙の内装工事によって、甲の固定資産税が

上がった場合は、乙がその額を賃料に上乗せ

して支払うものとする。」って感じです。

 

みなさん、気をつけましょう。

 

 

関連記事:<用途変更>